最新情報 / News & info

2013.12.29

☆日本人に多いXO脚☆

今回は日本人に多いXO脚の原因についてお話しいたいと思います。


まず、なぜ日本人にはXO脚が多いのでしょうか。


それは日本の文化に秘密が隠れているのです。


それは・・・畳です!!日本では今だ畳は新築の家でも1部屋分位


は設計されているのではないでしょうか。


畳と言えば、正座やお姉さん座りが多くなりますね。これが大きな原因の一つ


なのです。


ではでは、、詳しく説明していきます。


ここでポイントになるのは前捻角です。


通常、新生児、小児では前捻角が大きく(15~57° 平均32°)、この状態での大腿骨


は内旋の可動域が増加し、歩行時、両側の外反膝および外反偏平足をきたす。本来


成長するにつれ、前捻角は正常成人(12~15°)の値へと減じ、これらの歩行の問題


は解消されます。しかし、両膝を曲げ、両踵部間の床に座る(お姉さん座り)習慣の多い


小児は、大きな前捻角が維持したりあるいは更に増加する事もあります。


このような座位では大腿骨の内旋の傾向が増すとともに柔軟性に富む若い骨格のゆえ


に、前捻角が増大してしまうのです。


更に座位で膝関節の極度の屈曲状態での左右への並行移動(動き)が加えられる事で


膝十字靭帯や側副靭帯などが緩んでしまいます。そうなると膝の完全伸展時に起こる脛骨の自動軸


回旋が外旋方向に+5°程生じるものが十字靭帯や側副靭帯の緩みにより制限されにくくなり過度な


膝下外旋が起こることにより左右の脛骨の距離が広がりがりXO脚に近づいてしまうのです。


これだけが原因ではないですが、新生児は難しいとは思いますが、3歳位を過ぎたらば


なるべく小椅子を用意して椅子などに座らせるように意識しましょう。


最後にこのタイプのXO脚は大腿骨の骨自体に変形があるため、矯正には専門的な高度


技術知識が必要です。骨自体は曲げられないので関節調整や筋力バランス調整により矯正


を行っていきます。


XO脚でお悩みの方は是非、モアフェイスまでご来院いただき、ご相談下さい。



求人情報

ご予約お問い合わせ

ご予約はお電話、
又はご予約フォームよりどうぞ

03-6692-6895
予約フォームはこちら
map

池袋院

受付時間
10:00〜21:00
定休日
年末年始
住所
〒170-0014
東京都豊島区池袋1-4-8
石井ビル3F

map

吉祥寺院
12月1日オープン!

受付時間
10:00〜21:00
定休日
年末年始
住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14
本田ビル 3階

お客様の声

終わった時にはあまり変化を実感できなかったのですが、次の日の朝に鏡を見たら、顔のラインがすっきりしていて、これにはびっくりしました。

過去のブログを見る
before after